病的口臭とは

病的口臭とは歯周病などの病気が原因で生じる口臭のことです。
常に強い口臭が生じるのですが、自覚しづらいという特徴があります。

扁桃腺炎などの耳鼻科疾患、糖尿病などの内科疾患が原因となることもありますが、
歯周病を代表とする歯科疾患(口腔疾患)が原因となることが9割以上という報告があります。

歯周病が原因となっている病的口臭の場合、
メチルメルカプタン(メタンチオール)という有毒ガスが強く出てくると言われています。

このメチルメルカプタンは、青酸ガスよりも強い毒性を持っているため、
口臭ガスが歯周病を進行させ、悪化させていると考える大学教授もいるようです。

口臭ガスが歯周病の原因!?
歯周病が口臭をつくる? 口臭が歯周病をつくる?

そういう観点からすると、歯周病の治療と同時に、
口臭ガスを抑えることが歯周病治療のサポートになる可能性があるともいえるでしょう。

では、続けて歯周病や口臭の原因となるプラークについてお話しましょう。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン