ペリセラの使い方

では、ペリセラの使い方を教えましょう。
※ 参考 ≫ Directions Of Use (http://periotherapy.com/)

ペリセラの使い方にはベーシック法とアドバンス法との2種類あります。
まずは基本的なペリセラの使い方(ベーシック法)から説明します。

基本的なペリセラ使用法 (予防的な使い方)

  1. 最低でも1日1回、ペリセラジェルのついたフロス(糸楊枝)でフロッシングをしましょう。
  2. ペリセラジェル(歯磨き剤)をつけて歯磨きをします。
    上下左右で少なくとも30秒ずつ、全体で2分間は磨きましょう。
    その後は、水ですすいではいけません。効果が薄まる恐れがあります。
  3. 続けてペリセラリンス(うがい液)をキャップ半分ほど含んで、60秒ブクブクうがいをします。
    さらなる効果を期待するなら、15~30秒ほどさらにガラガラうがいもすると良いです。

アドバンス法は、歯周病の心配が強い方向けの使い方です。
歯周病の方は、必ず歯科医師によるサポートを受けてください
専用のマウスピースを用いるので、作ってもらってください。

一歩進んだペリセラ使用法 (治療的な使い方)

  1. まず、基本的な使い方のステップを完了させましょう。
  2. 上下どちらかのマウスピースにペリセラジェルを少し入れます。
    ジェルの入ったマウスピースを5~10分ほどはめておきます。
    これを週に3回程度行います。上下交互に毎日行うと良いでしょう。
    その後は、水ですすいではいけません。効果が薄まる恐れがあります。
  3. 続けてペリセラリンス(うがい液)をキャップ半分ほど含んで、60秒ブクブクうがいをします。
    さらなる効果を期待するなら、15~30秒ほどさらにガラガラうがいもすると良いです。

このアドバンス法は、3DS (Dental Drug Delivery System) と呼ぶ治療法の改良版です。
歯周病治療のオプションとして、採用している歯科医院は国内外にあります。

従来の3DSでは、クロルヘキシジン系の抗生剤がよく使われていたのですが、
安全性を考慮すると「ペリセラを用いた新しい3DS」を今後はお勧めします。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン