歯周病とは

歯周病とは、一昔前までは歯槽膿漏とも呼ばれていた口腔疾患のひとつです。
歯肉が炎症を起こし、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けていく感染症です。

歯を支えている歯槽骨が溶けて、歯がグラグラしてきて、最終的には歯が抜けてしまいます。
歯周病で失われた歯槽骨は元通りには戻らず、厳密には「歯周病が治る」ことはありません。

一般的には歯周病の進行が緩和され、症状が沈静化している状態のことを
「歯周病が治った」「治癒した」と言われています。

歯周病は「Silent Desease(沈黙の病気)」とも言われ、
自覚症状がないうちに徐々にあなたの身体を蝕んでいく非常に厄介な感染症です。

ですから「歯周病にならないように予防する」ことが非常に重要です。
決して「単なる老化現象」ではありません。若くても罹ります。

また、歯周病は「細菌感染症」であると同時に、
普段のライフスタイルによってリスクが変わる「生活習慣病」ともいえます。

歯周病治療、歯周病予防のためには、
今までの生活習慣を見直して新たなライフスタイルに変えていく必要があるかも知れません。

その新たなライフスタイルのオプションとして、ペリセラをこのサイトを通じて紹介させていただきます。

歯周病とは

実は、歯周病と口臭とは非常に深い関係であるといわれています。
良い機会ですから、口臭についてもお話したいと思います。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン